全てがいい加減で無責任なSTAP論文

先日、当の本人小保方さんが記者会見をされていましたが、結局STAP細胞は存在するのかしないのか分からないままの状態です。

会見内でも、小保方さんの他にSTAP細胞の作製を実現した人物がいるということでしたが、結局はどこの誰なのかも公表されませんでした。画像の不正使用などの指摘にも「未熟であった」とか「不注意」という言葉で片付けられてしまい、それではいくら「STAP細胞はあります」と自信たっぷりに言われても信憑性が全く感じられないと感じてしまいました。

このニュースに関しても、実際作成されていないメスのマウスから作り出されたという幹細胞のデータが論文に載っているということで、もうこれは単純なミスや不注意では済まされない問題だと思います。

今まででは考えられない様な現象を、綿密に実験や検証を重ね、何十年も掛けて論文を完成させてようやく世間に認められるようになるものだと思うのですが、世紀の大発見の割には本当に全てにおいていい加減な事が多過ぎます。

日本の生物学の名誉回復の為にも、一刻も早く検証し、細胞自体の存在の有無を解明して欲しいです。

あってはならないこと

小保方さんて一見可愛いらしい感じがして好印象でしたがやはり失望ですね。
意図的というのがまだ信じられないです。科学界大丈夫ですか?ともいいたくなる。
普段考えることのない科学。当然いろんな分野で研究家は沢山いる中でのこの実状。

なんか生態系がかわるぐらいのような出来事のように感じてしまいます。ましてや
あんな若くて可愛らしい感じの女性がまさかの不正。とっても残念です。こんなことは
いままでに事例はあるんでしょうか?全然ないこともないとは思いますが、結局のところ
他人の論文盗んでるわけですからもう最低としか言いようがありません。あまりにも軽率だし
世の中をなめてますね。

そんなにあまいものではないと思います。やはり一発ドカーンと大きいことがしたかったんでしょうね。しかしまだ信じられない気持が優勢です。あんな顔しての行為
まっそれはこのくらいにしておいて、これから先の信用奪回するためにどういったことを科学界はやってくれるのか楽しみです。

人狼ゲームで人材の見極めを

人狼ゲームを新卒採用の選考に導入とは、なかなか面白そうな試みです。私自身人狼ゲームにはとても興味があり、今まで何度か親しい人たちで行なってみたことがあるのですが、お互いの腹を探り合いや駆け引き、そしてそのための会話やコミュニケーション能力も必要となってくるので、新卒採用の選考には意外と向いているのではないかと思います。

まずこのゲームは頭脳戦であるので、頭の回転が早くなければ最後まで勝ち残ることが出来ません。おまけに運も必要です。そして相手との駆け引きのためには、上手な会話能力もいります。そう考えると社会人として必要な人材の見極めは、このゲームでできそうな気がしてきます。
とはいえ最後まで残ったから採用されるというわけでもなさそうなので、ゲームを行なっていくうえでの過程が審査基準となりそうです。

こんな方法なら緊張も多少はほぐれ、楽しみながらできそうなので、思いきった試みながらよく考えたものだなと思います。

ジュビロ磐田勝利!

昨シーズンJ1からJ2へ降格したジュビロ磐田が、対ロアッソ熊本戦で勝利したとのこと。
FWの前田遼一が2点、今シーズンJリーグに復帰したMF松井大輔が1点入れ、快勝したとのニュース。
ジュビロ磐田は昨シーズン、本来の調子を取り戻せずまさかのJ2降格。
オリジナル10と言われ、Jリーグの黄金期を飾ったあの栄光の頃とは全くかけ離れたような状況に誰もが驚いた昨シーズンでした。

しかしエース前田遼一が復活し、今回2点ゴールしたとのこと。
これは古豪復活を掲げ、J1復帰に向けて明るいニュースだと言えるでしょう。
昨シーズンは各マスコミから前田選手が初めてゴールを決められたチームは必ずJ2に降格するという「デスゴール」、いわゆる死神扱いされたことで少し調子をおかしくしてしまったこともあるのではないかと心配していたのですが、無事復活して良かったです。

また、10シーズンぶりにJリーグに復帰した松井大輔が1点入れ、これからの活躍が期待できますね。
ジュビロ磐田が1年でJ1に昇格することが出来るか今後も楽しみです。

「窃盗」をのぞけば自慢出来る話

人生が嫌になって、自転車を盗んで千葉から高知まで放浪をしたそうだ。
びっくりさせられるニュースは毎日の様にあるが、このニュースに関しては、
もう少しどうにかならなかったのかなあ、と考えさせられる。
犯人は43歳、私と同年代だ。確かに人生につまずくと辛い年代。
仕事が嫌になっても年金受給までは遠く、再就職先も見つかりにくい微妙な年代。

img_20140309095003人生が嫌になるには大きく分けて2パターン。
突然か、ジワジワか。
突然だったら今回の行動は確かに納得がいく。
突然恋人に振られた、突然会社をリストラされた。
そうしたら盗んだ自転車で放浪もしたくなるかもしれない。
でももしジワジワだったら、
1、2ヶ月分の放浪旅費と自転車を用意して、窃盗などせず堂々と放浪旅が出来たのに、と思う。
そうしたら事件どころか美談にもなり得たのに、残念。

いや、突然だったとしても堂々と放浪旅行をすれば良かったのだ。
一万円もしない中古自転車を買って、お金が無くなれば日払いの仕事をして、日本一週!

、、、何て事思いつかないのが「人生が嫌になった」状態なのかもしれない。

私の心情としては微妙です

カリフォルニア州に住む男性がマクドナルドに対して約1億5300万円の金額を求めて提訴したというニュースです。その訴えた理由というのが驚きでして、普通そんな理由で訴えるかなと私は思いました。その理由というのがナプキンを一枚しかくれなかったというものでした。

日本であればこんな訴訟はまず考えられないことだと思います。仮に訴訟を起こしたとしてもまず勝ち目は無いでしょう。ただアメリカは訴訟大国であり、常識で考えればありえないようなことでも、訴えを起こし高額のお金を手にしたということもあります。

とにかく何か些細なことを見つけてはとりあえず提訴をしてみるといった感じです。なのでこのナプキン一枚で提訴した男性もどうなるかは分からないなと思います。

ただ私の気持ちとしてはこういったものはあまり勝ってほしくないなと思います。万が一この訴えが通ったとしたら、次から次に同じようなことで提訴する人がでてきて収拾がつかなくなりそうです。

TPP思うように議論進まず

TPP交渉が大きな山場を迎えているようですが、各国の経済を大きく変えることにもなりかねない交渉だけに容易ではありません。日本も譲れない点はありますので、妥協するわけにはいきません。同時にアメリカも強硬姿勢を崩していないということでなかなか進んでいません。

このTPPアメリカという強国が有利ではないかともいわれていますが、各国は国力がなくともしっかりと主張すること、公平に議論することは極めて大切です。日本は米や肉などで関税を維持したいという主張を崩していませんが、各国は関税撤廃を受け入れているようです。そうした難しい事態に対してもなんとか日本の主張を通しているようで妥協はしていないようです。

強い日本を示せるかということも関係してくるこの問題で、言いなりになるわけにはいきません。日本米、そして和牛などはブランドであり、他国にはない素晴らしい味のある高級なものです。

粘り強い交渉を続けて、日本に有利に物事が進むことを期待します。

浅田選手とキム選手の対決を、しっかりと見守り応援したいと思います。

いよいよ19日から、女子フィギュアスケートのショートプログラムの演技がはじまります。日本が誇る浅田真央選手と手ごわいライバルキムヨナ選手との対決は本当に楽しみで、大きな見所になることでしょう。

バンクーバーで惜しくもキム選手に破れ銀メダルだった浅田選手は、2011年、2012年と調子がいまひとつ上がらず心配していたのですが、今季は復調し開幕から連勝しているのでトリプルアクセルをはじめとする素晴らしい演技に、胸を熱くして期待しています。

「自分の持っているすべてを出して、最高の演技を」と語る浅田選手を、遠い日本の空から精一杯応援したいです。

キム選手も昨年3月にあった世界選手権で優勝しており、その強さは相変わらずです。練習でも3回転~3回転の連続ジャンプを鮮やかに決めているそうで、きっと見事な演技を見せてくれることでしょう。しなやかで美しく力強い、アジアの二人の選手がくいの無いオリンピックの演技ができるように、心から祈らずにいられません。

日本人の英語力

森会長のいうことは確かに一理あるとも思うけれど、これはかなり悲しい発言だとも思う。
しかも彼は、元総理大臣。一時期は日本のトップだった人。これでは、外交交渉のスタートラインにも立ってないのだから、日本外交の要領の悪さは根本的に直らない気がする。
高校生の時に好きだったクラスメートの言った言葉を思い出す。

たしか、某英会話学校のポスターだった。
「英語ができれば10億人と友達になれる」
こんな感じのキャッチコピーだったと思う。
そのポスターを見て、彼は一言。
「俺、10億人も友達いらんし」

確かにそうなんだけど。日本で生きる限り、日本語ができればいいのだけれど。
でも、現実問題、日本は世界の中の日本である。そして、世界の共通語が日本語になることは、残念ながら、きっとない。そして、世界の中で、孤立して日本国を運営することも、多分できない。それならば、世界の中で、優位に立つには、やっぱり世界の共通語を話せなければ、いけないのではないか。
片田舎に住む、定年退職した両親に英語を話せるようになれ、と言わない。でも、国際関係に関わる役職を受け持つ人は、やはり英語を話せる人であって欲しいと思う。

平成の歌姫の再婚について

平成の歌姫、宇多田ヒカル(31)が近く再婚すると報道されました。
お相手はロンドン在住のイタリア人バーテンダー(23)らしいです。
宇多田の父、宇多田照實氏も「爽やかで陽気な、賢いイタリア人」と評価しているようです。
取り敢えず、再婚おめでとうございます、と言いたいですね。
お母さんが亡くなったりと色々合った中での再婚ですからね。

宇多田と言えば、私の青春時代そのものでしたから。良く聴いてました。
中でも、あのデビュー曲「Automatic」は衝撃的でしたからね。凄く良い曲でした。そして、そこからのヒット曲の連発。
そんなお世話になった彼女ですから、素直に祝福したいです。
とはいえ、再婚なんですよね。

前旦那は映画監督の紀里谷和明さんでした。
離婚の原因は明らかにされていませんでしたが、テレビで見る限りは良さそうな感じの方だったんですけどね。
人は見かけによらない、といったところなのでしょうか。
まぁ、夫婦の事なんて夫婦にしか分からないもんですからね。
何にしても、今度こそは幸せになって貰いたいですね。
あと、歌の方も引き続き、お願いします。